keigo_fujii’s diary

いつも眠い

私の孤独は私にしかわからないのよ

冬の電気代節約の為、電気毛布というものをインターネットショッピングで購入した。想像以上に快適で、家にいるときは殆ど、それを敷いた布団から出られない状態になってしまった。ポカポカの布団にくるまりながら眠たい眼でPCの液晶を睨み、変な姿勢で音符を打ち込んでクリエイティブに陶酔を気取る、腹が減ったらせめて健康的なものをと常備しているバナナやヨーグルトを胃に入れ、デカくて喉に引っかかりそうなマルチビタミンを一錠飲み込む。だいたい最近はずっとこんな感じで、世間は街中で仮装をしたりしている時期らしい。年末が近づくたびに「今年の1年は早かったな〜」なんてお決まりの台詞で笑い合う。本当は1年が短いことなんて皆気づいてる。今年の冬も寒くなりそうだね。冬は毎年寒いんですけど。

 

11/23(木・祝)下北沢THREEにて、
ダムランドというバンドと共同企画を開催します。
素敵で楽しいアーティストを集めたので本当に楽しみだな。俺が1番楽しみにしてるよ。

f:id:keigo_fujii:20171031041554j:image

“苛立ちながら過ごした日々が懐かしいのです”

ROJACKの一次選考の投票期間が終わりました。投票してくれた皆様、本当にありがとうございました。年末の幕張メッセで開催されるカウントダウンジャパンに出演したいという気持ちはもちろんありますが、そんな事よりも色んな人に投票したよ、と報告していただけたことが何より嬉しかったです。このオーディションのおかげではじめて「白鳥の下で」の音楽を聴いてくれた人がいるのも嬉しい。余談ですが、バンドの紹介ページに掲載する、アーティストからのメッセージの欄に投稿をしたところ、冒頭にブログと同じような感覚でツラツラと毒にも薬にもならないような自分語りを書いたら、なかなか反映されず、その部分を削除して投稿し直したところすぐに投稿が反映されました。オーディションに関係の無い内容は運営が判断して掲載を見送る場合があります、との注意書きがありました。文字数オーバーだったと信じたいです。この後自分語り入ります。

暑いんだか寒いんだかよく分からん毎日が続いている。今日も肌寒いんだろうなとパーカーを羽織って外出したら暑くて汗だくになった。季節の変わり目はいつも服装を間違える、周りの人間はあんまり間違えないっぽいので自分は何かどこがが欠落しているんじゃないのかなと考えてしまう。完璧な人間なんてのはもちろんどこにもいないわけで、みんなどこかしら弱いところや隠したいやましい気持ちなんてものを抱えて生きているんだろう。俺は人間のそういうところを見たり聞いたりするのが好きで(歪んだ癖のようにも聞こえる)、それで安心してその人のことをすごく大切に思えたりする。引き換えに自分の弱いところを見せるのは凄く苦手なんだけど、それは昔からずっとそうで、自分が悩みとか思想とかを打ち明けることに酷く嫌悪感があった。恥ずかしかったってのがでかい。だから俺は歌詞を書いてそれを歌うことで心に溜め込んだわけのわからんぐちゃぐちゃの感情を発散させようとしていたのかも。自分の性格や性質は死ぬまで変わらないものだなんて信じ込んでいたんだけど、20代の半ばにもなるとなんだか全然昔の自分と変わってしまったことに気がつく(前回の記事にも少し書いたかな)。流れていく年月はやっぱ凄い。忘れることは凄い。色んなことを忘れていこう。酒飲むとたまに泣いちゃう。でも次の日にはあんまり何で泣いてたのかもあんまり覚えていない。君の悩みも5年後にはどうでも良くなっちゃってるかもしれないので試しに生きてみて欲しい。何事にもイラついていた青い時代が長くて、まあ今もイライラするようなことはたくさんあるんだけど比較的穏やかに暮らせていると思う。大抵のことは許せるし(自分のことも含めて)、“愛”とかって使わなかった言葉も日常的に使うようになった。まさにラブ&ピース、どんな理由があっても戦争は絶対良くない。誰も傷つかないでくれ。花粉症もゼロにしてくれ(花粉だけは本当に恨んでいる)。
今日は10月10日(日付変わっちゃったので正確には昨日)、今から13年前の今日、日比谷野外音楽堂で行われたsyrup16gというバンドのライブ映像が収められたDVD「遅死10.10」という作品がある。中学生の頃からsyrup16gに激ハマりし、なんちゃってニヒリズム、達観したフリ、かっこいいでしょ!?で生活していた当時の俺はこのライブDVDが大好きで当時から何度も何度も再生している。本当は幕張メッセより日比谷野外音楽堂でライブがしたい、日比谷野外音楽堂でワンマンライブができたらバンド辞めてもいい、ってな話は置いといて、やっぱり俺は今でもこのライブのときのsyrup16gにずっと憧れているし、最高にカッコいいと思っている。ひたすらお通夜みたいな空気が最高なんだよな。

長くなっちゃったけど最後に。
11月23日に行われる我ら「白鳥の下で」と「ダムランド」で行う共同企画ライブ。間も無く出演者等の詳細が発表されますので楽しみにしていて下さい。見に来て損はさせないイベントになります。こちらはお通夜とは真逆なハッピーな感じでやりたいね。

 

白鳥の下で LIVE

10/16(月)神楽坂 神楽音

10/26(木)下北沢MOSAiC

11/23(木・祝)下北沢THREE(ダムランドとの共同企画)

どうせ終わってしまうなら、楽しいことを選びに行こう

十月、朔の早朝、鋭くてひんやりとした空気の中、パーカーのフードを深めに被り、イヤホンを耳に突っ込んで、ART-SCHOOLの1stアルバム「REQUIEM FOR INNOCENCE」を聴きながら歩いた。俺の住む街には猫が多い。有志のボランティアの手によって去勢された野良猫の耳がV字型にカットされているのを見かける度、なんとも言えない気持ちになる。正しさや優しさなんて呼ばれる曖昧なそれらの捉え方は人それぞれで、受け取る側の精神状態や置かれた状況に拠って捻じ曲がって見えたり聞こえたりする。俺には俺の、君には君の正しさや優しさがあってそれを大事に抱きしめていればそれでいいんだよ。半ばヤケクソ気味にそんな事を想った。
2016年10月6日、俺が「白鳥の下で」というバンドを結成し、初めてライブをした日。もうすぐ丸一年が経つ。その日に発売したミニアルバム「SWAN」に収録されている曲は、冒頭に収録されている『ホワイトアウト』を除き、ソロでの活動をしていた頃に制作したもので、古いものは4.5年ほど前から歌っている。
現在レコーディングを控えている楽曲群は今年、5人体制になってから制作したもので、前作とは歌詞の言葉の選び方がかなり変わっているように思う。実生活では丸くなった、可愛くなったなんて言われることもあって、歌詞でも素直な表現ができるようになったのかもしれない。俺は俺の人生をかけて、君は素敵だよ、と歌い続けたい。生き続けることを選んだ人を助けてあげたい。こんなに恥ずかしい事だって言えるようになってしまった。
久しぶりに会った友人は「誰かを助けたいだなんて思わなくたっていいんだよ」と笑っていた。誰かを助けたいなんてエゴだ。自分でもそう思っている。その人の瞳はとても綺麗だった。

 

“いちいち季節や天気を気にしていよう”

孤独なのは当然だ。嘆くのは馬鹿だ。
安酒で自傷し、ギリギリの状態で助けてくれと絞り出す声は祈りの様で、他者との埋まらない距離感の中に僅かな光を見つけたり、見つけられなかったりする。
無理だ無理だ、なんて言ってみて「分かるよ無理だよね」なんて言ってくれる人がいないと無理になっちゃうかもね。

読書の秋などというけど、ページをめくっても120秒ほどで気持ちはうわの空、生活における不安要素が多すぎて集中できないことが多すぎる。こんな不安は一生消えないだろう。仲良くできなくても、なんとか共存するしかないよ。
既視感のある季節の変わり目や新鮮味のない人間関係だって、いちいち全力で泣いたり笑ったりできたらいい。

君が泣くこと、笑うことは必ず正しい。
楽しいことを選ぼう、美味しいものを食べよう、富士そばで酒を飲もう。

 

「白鳥の下で」はレコーディングに取り掛かっています。多くの人に聴いてもらえる作品がつくりたい。
今月のライブ予定は
​9/25(月)下北沢MOSAIC
9/27(水)新宿Wildside Tokyo
です。新曲も披露します。

考え過ぎは良くないよなぁってずっと考えちゃうよな

f:id:keigo_fujii:20170905024850j:image

これはベトナムのタバコ。まずい。

 

 季節が変わるのは何故か寂しいね、なんとなく後2ヶ月くらいは夏が続くものだと思っていたな。ミサイルが落ちてくるかもしれないとか、そういう話が日常に溶け込んでいても何も変わっていないような気がするけど、やっぱりちゃんと変わって行く日々だ。先のことは何も分からないので来年のことは何も考えられない。未来を思い描くのがしんどい、瞬間で感動したり怒ったりした方が楽しいんだよな俺は。今だけ側にいられたらいいし、見つめあえればいいんじゃないかって思う。


白鳥の下で『カルネ』MUSIC VIDEO
 君と出会えたことが奇跡なら頭の潰れた鳩の死骸だって奇跡だ。
理想に理想を重ねてミルフィーユみたいで甘い甘い歌詞だけど、全部から逃げたい夜とかってみんなあると思うんだよ。それが普通だよね。そんな君に会いたいな。

何が言いたかったかというと、最近MVの再生回数が伸びなくなったのでもっと聴いてくれ〜!!あとライブに来てくれ〜!!という話でした。

 

 

 

スマホを二人で燃やそうか

白鳥の下でpresents
Alterna Kemono Friends”at下北沢CLUB Que
観に来てくれた皆様、出演者の皆様ありがとうございました。ライブ中にいくつか発表させていただきました。
 
1.  「クサカコトミ」正式メンバーとして加入!
今年の始めからサポートベースとして手伝っていただいていた、クサカコトミ女史のバンドへの加入が決まりました。どんどん活躍していただきモテさせてあげようと思います。ラーククラシックマイルドを吸っています。ライブのMCでも言いましたが、彼女は幼少期に土や砂利などを好んで食べていたいう非常に変わった癖があったそうです。個人的に僕はこの話が好きです。
 
2.新曲「カルネ」のMV発表!
配信限定シングルとしてリリースする「カルネ」という曲のMVを公開しました。新宿の人々を映したシーンがとても素晴らしいです。是非ご覧になって下さい。
「カルネ」逆から読んだら「寝るか」です。
『手帳を2人で燃やそうか』という歌詞があるのですが、“手帳”を“スマホ”に置き換えていただいても結構です。
3.音楽配信サイトでの配信が決定!
こちらは追ってお知らせします。
 
4.ライブ会場限定グッズ販売開始!
缶バッジと缶ミラーです。完全に可愛いので買って下さい。
 

f:id:keigo_fujii:20170520064206j:plain

f:id:keigo_fujii:20170520064143j:plain

「白鳥の下で」はサポートコーラス&キーボードに貴島空海を加えた5人編成でパワーアップいたしております。
 
次回ライブのお知らせです。
 
6/2 (fri)at 代々木Zher the Zoo
白鳥の下で/liminal/Go! Dandy Boys/ALBA SHIKISHIMA
OPEN 18:30/START 19:00 ADV.¥2,200/DOOR.¥2,500
チケット予約はこちらから!

 

Alterna Kemono Friends

いよいよ本日です。
チケット予約は各出演者SNS等、またはこちらから受付けております。
 

f:id:keigo_fujii:20170510064357p:plain

 
 
白鳥の下でpresents “Alterna Kemono Friends”
at 下北沢CLUB Que
[act]
白鳥の下で
羊文学
sheeplore
雨鳥
OPEN 18:30/START 19:00
ADV.¥2,000/DOOR.¥2,500 [1D別]
 
雨鳥
(19:00〜)
 
羊文学
(19:45〜)

 

 
sheeplore
(20:20〜)
 
白鳥の下で
(21:00〜)